社会人となってから、私にも仕事に就けない空白の時間がありました。
まだ独身であったのですが、実家に住んでいた為、その期間が長くなればなるほど両親の視線が気になって仕方ありませんでした。
求人情報を定期的にチェックし、良さそうな募集、自分の条件に合う募集を見つけると、自分なりにはすぐに行動に移したつもりなのですが、既に採用者が決定してしまったり、面接数の上限に達してしまったりと、一タイミングが遅いという事が多かったのです。
それだけ多くの人が仕事を探している、世の中の現状をわかってはいましたが、まさかこれほど競争が激しいとは、身を持ってそれを経験しました。
そんな私が求人情報のチェックの仕方としてお勧めしたいのが、インターネットの活用です。
一昔前に主流だった雑誌ですと、早くて週間単位なので、それをチェックするタイミングによってはタイムラグが生じてしまい、面接にすらたどり着けないこともあります。
しかし求人ジャーナルネットのような情報サイトでしたら、ほぼリアルタイムで情報が更新されるので、タイミングを気にすることなく、最新の情報をチェックする事ができます。
以上のような理由から、理想の仕事先を探す方法としては、これほど最適な手段はない、と私は考えます。

  ホームに戻る