トラックといえばふつうは業務で使っていたものですから、かなり使い込んでから買い替えることになり、こんな状態では値段はつかないだろう、と最初から諦めてしまう人も多いようです。
しかし日本ではもう廃車になりそうなレベルのものでも、車検などないような海外の地域などではまだまだ走れるし商売になるということもあり、トラックの買取は思いのほかいい値段がつくことがあります。
とくに日本車は頑丈さで定評がありますし、シェアが高いこともあって交換部品も都合をつけやすく海外でも人気です。
最悪、廃車レベルであっても部品取りとして下取りしてくれて廃車処分費用が不要になるでしょう。
買取されるときのことを考えると、トラックは人気車種を購入しておくことをおすすめします。
人気車種は部品も多く流通しており需要も高いとあって、買取価格も高くなる傾向にあるからです。
逆に不人気車種だと同程度の状態であっても値段がつかないこともありえます。
業者によって査定価格はかなりの差がでることが多いので、複数の見積りをとることをおすすめします。
顔を合わせての見積もりは断る時気まずい、という方はまず一括見積もりサイトを活用して大まかな数字を出してもらうといいでしょう。