中学、高校を通じての友人だった林田学君が今何をしているか、風の便りに耳にしました。
介護士として震災で被害を受けた岩手県の海沿いの町で働いているそうです。
中学、高校と一緒に所属していた野球部では、中学、高校を通じてキャプテンとして、そしてチームの要のキャッチャーとして、いつも野球部を引っ張ってくれる存在でした。
もちろん、私たちの学校は甲子園に出場できるような強豪チームではありませんでしたが、それでも、大げさな言い方かもしれませんが、青春を野球に賭けていた高校生でした。
私たちが二年生になって新チームが結成されると、幸運にも私は二年生ながら、新チームで外野手でレギュラーに抜擢されましが、変化球が打てず凡退を繰り返していました。
それを見かねた、林田学君が野球部の仲間にバッティング投手を頼んでくれて、毎朝、学校が始まる前に、私たち三人はバッティング練習をしてたのです。
おかげで、私はカーブが打てるようになり、三年生の時には4番、センターとして活躍できて、県大会の準決勝まで勝ち進むことができました。
そんな親切でチームメイトのために熱くなれる林田学君なら、持ち前のガッツと思いやりで、震災を受けた町で介護士の仕事を、きっと立派にやっていることと思います。