交通事故で後遺障害が残ってしまい、その等級を認定された場合、その認定結果がもしかしたら、違っていたとしてもなかなかそのことを指摘するのは難しい事です。
そんな場合、「異議申立申請」を行うことで、その等級についての変更が行われ、賠償額も大きく増えるということも考えられますが、その申請にあたっての、申請書類を作成するのは専門知識が必要になります。
障害の残る状態で専門知識を求められる書類の作成というのは難しい事です。

そういった場合に専門の弁護士が診断書の精査、必要な検査が行われていたかどうか、事故の際の状況を詳細に書面に起こすなどをして、代理人として異議申立を行い、解決までのトータルのサポートを行ってくれるのが「後遺障害サポートドットコム」です。
「弁護士法人 安倍剛法律事務所」では交通事故に対する経験と実績の豊富な弁護士が被害者の方の代理人として解決までをサポートします。

同じ障害の等級でも、裁判基準と自賠責基準の慰謝料では大きな額の違いがあります。
それでは、障害を負った方のこれからの生活にも大きく影響を及ぼしてしまいます。
少しでも、高い基準での交渉が行えるように専門の知識を持った弁護士が異議申立に対しての交渉をしてくれるのであれば安心して任せることができますね。
もしも、交通事故による後遺障害の認定で疑問がある場合は「後遺障害サポートドットコム」のサイトから無料診断をしてみるといいですね。

https://kouisyou-support.com/