原発事故の影響でにわかに注目を浴びてきたソーラー発電システムですが、再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートしたことによって更に普及が進みそうです。
この制度は太陽光・風力・水力・地熱などによって発電された電気を、事業者が一定価格で買い取らなければならないことを義務付けたものです。
これにより、再生可能エネルギーの普及を国が後押しすることになったわけですが、原発が絶対で無いことが明らかとなった今、少しずつでも他のエネルギーを拡張させていく道を模索すべきかと思います。
新エネルギー計画株式会社では、太陽光発電システムの販売を中心とした事業を行っていますが、そのシステムは世界最高水準の発電量を誇り、世界中で採用されているパネルを使用しています。
意外にも太陽光発電というのは太陽電池モジュールの表面温度が高すぎると発電効率が落ちてしまうのですが、こちらで使用するHIT太陽電池は従来型と比べて高い発電力を維持。
日中、家中の電気をクリーンエネルギーだけで賄うことも可能ですが、その時の爽快感を是非一度味わってみたいものです。