アメリカでは二重アゴのたるみの事を皮肉を交えて“ターキーネックシンドローム”と呼ぶんです。ちなみに二の腕がたるんでいる状態を“フラッグ”と言います。日本では“振袖”って 呼びますよね。お国が変われば呼び方も色々で面白いですね。最近の子供は食生活の欧米化によって柔らかい食べ物しか口にしないため、アゴが未発達で歯並びの悪いお子さんも増えているそうです。成人も加齢も相まってアゴはどんどん衰えていきます。アゴが衰えるという事は歯も弱くなるという事なので気をつけましょう。歯並びを解消するのにはアゴ整形という手段もあります。受け口や噛みあわせが極端に悪く、歯列矯正ではどうにもならない場合はアゴ整形でアゴを前に出したり横にずらしたりする事であご整形治療を行います。